2005年2月

Kitzbuehl  Amazon.co.jpアソシエイト

2/5

忙しい。といっても、忙しいといえるくらいの忙しさ。取り敢えず、人は手配した けど絶対量が多くて焼石に水。まぁ、頑張ってくれい。
で、自分の仕事もしなければいけないので、 Developers Summit 2005は途中で 帰ってくる。

んが、土日は会社に行かずに済みそうなので(!=休める)、逃避活動として おうちのルータ交換。しばらく使っていなかった AR320 に戻してみる。 まぁIPv6の設定はおうちサーバの OpenBSDでボチボチやっていけばいいや。

メモ。The Public DNS Service

2/6

風邪ひいたかも。

お仕事ネタで、ActiveXコンポーネントをJava(のswt)に埋め込むということを 試行錯誤しているのだが、なかなか思うように行かず。取り敢えず埋め込めたのだが、 表示系がおかしい。うむ。ActiveX側がかなりアレなので、切り分けがめんどいのだ。 が、きっとActiveX側をもっと手を入れないとうまくいかないだろう。とはいえ、 ActiveX側をdebuggerに載せたいのに、eclipse 上でしかうごかないテストプログラムというのはなかなか辛いぞ。サンプルプログラム だとそこそこ動いているように見えるだけに、やっかいだ。

2/7

熱があるけど打ち合わせ。んが、やっぱり辛いので、終わると同時に家に帰る。

2/8

風邪ひいて1回休み。

2/9

今日もお休み。つうか、深夜に目が覚めて、朝までそのままという。例え熱が 下がっていても、仕事にはなりませんな。

2/10

今日もお休み。結局、今週は1回も会社に行かなかった。まぁ、みんなそれなりの 役職を与えられているわけだから、それなりに仕事はこなしていることでしょう。 仕事関係のメールも読まずにひたすら静養。熱は治まってきた気がするけど、喉鼻が ボロボロ。お腹は素通しモード。肉体的にだけではなく、精神的にも休養が必要と いうことで。

夕方からは多少は動けるようになったので、v6 tunnelの問題を調査。ルータのNAT (いわゆるサーバ公開機能)で、プロトコル番号41をv6 tunnel張るマシンにforwardする ようにして解決。

2/13

だいぶ復活。まだ咳が怪しかったり、お腹がアレだったりするので、無理すると 一発でぶり返すだろうけど。納期が来週だったりするので、少しずつ始めないと 間に合わない。描画系がおかしいという、1つずつコツコツ確認していかなければ ならない問題が残っているので、結構しんどい。Java側のコードの書き方によっては 大きな問題にならないんだけどね。とか言ってみる。

2/14

2/20

Windows/VC++でのプログラミング。描画がおかしい時、例えばWindowをリサイズ すると正しく描画されるようになる、上に他のWindowが乗っかっても再描画されない、 などの時は、正しく描画されないWindow(DialogなりViewなり)を作るときの、親の Windowの設定指定を確認すべし。

2/21

動作検証をするためにWindowsXPにSP2を当てようとしたら、時間がかかって 帰れない。前もって準備しておけばよかった…。

2/22

2/23

2/24

はまりモード。ActiveXというか、OLEというか、MFCというか、VC++というか、 とにかく、まだまだ修行が足りんなぁと。ActiveXをはっつけて、そのActiveX上で ダイアログが表示されるようなことをすると、ダイアログが閉じたときに、ActiveXが 表示されなくなってしまう。ActiveXのサイズが0になってしまっているのが原因の ような気がするのだが。IE上だとうまくいっているのに。かなーり困った。

2/26

ActiveXのコンテナとしてみると、eclipse とIEではかなり異なる?ActiveXの画面まわりの動きが結構変わるので辛い。というか、 このままでは仕事になりません。

2/27

そんなわけで、ターゲットのActiveXを直接貼り付けるのではなく、 IEコンポーネントを貼り付けることにする。そこでターゲットのActiveXを 貼り付けてあるWebPageを読み込むようにする。ActiveXで提供しているメソッドは、 WebPageで全部JavaScriptでWrapしてあげる。IEコンポーネントをごにょごにょすると、 表示しているWebPageに存在しているJavaScriptを呼び出せるようになるので、
IEコンポーネント→WebPage→JavaScript→ActiveXのメソッド
という順番で目的を果たせるようになる。
参考になるのはCodeGuruJavaScript Calls from C++ あたり。IEコンポーネントにあるDocumentプロパティを呼び出すと、IHTMLDocument2の インタフェースが得られる(という理解でいいのか?)。そいつのScriptプロパティを 呼び出して得られるインタフェースからは、表示しているページに存在している JavaScriptの関数がメソッドとして存在しているように見えるので、引数や戻り値を しっかり揃えて呼び出す。揃っていないとJava側でエラーになるので注意。 話が戻るが、IEコンポーネントにWebPageを読ませるNavigateメソッドも、実際に WebPageを読み終わる前に戻ってくる。必ず読み終わってからDocumentプロパティを 呼び出さないと、期待した結果にならないので注意。
終了処理は、一度他のページに移動してからIEコンポーネントを閉じるようにする。

あちこちぐるぐるした中から、未だに開いているページをメモ。

開発マシンとして使用するWindowsマシンを外に晒すこともあるので、メモ。 ネットワーク保護に IPsec を使用 : 第 2 回 (全 2 回)-- TechNet コラム - セキュリティ管理 - 2005 年 1 月

メモ。lwIP - A Lightweight TCP/IP Stack

2/28

昨日の補足。終了時の移動は <body>タグでOnUnload()を指定して実現。

うげ。サーバ側のソフトとクライアント側のソフトを同じマシンで動かすと エラーか。なかなか終わらないな。





1998年 6月7月8月9月10月11月12月
1999年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2000年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2001年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2002年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2003年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2004年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2005年 1月

最新
Top Page

Hiroaki Abe
Last modified: Sun Dec 18 03:58:12 JST 2005