2002年3月

3/1

もう3月。年度末。修羅場。

3/2

確定申告。保険の支払い証明書を探しまわる。

当たった人には届き始めているという例のブツ。払いに行く暇が未だになかったり して。なんとかしないと。

FreeWnnのcommitterになってしまった。

Wnn71.01 にバージョンアップする。

おうちサーバで動かしっぱなしにしているエディタを Emacsから XEmacsにしてみる。しばらく様子をみて、 特に問題がなければEmacsはpkg_deleteの予定。

cvsupしてFreeBSDをGENERIC kernelで 立ち上げてみると、正しくIPv6なアドレスが とれている。再度カスタマイズしたkernelでうまくいくか挑戦だ。
うまくいかない。って、IPV6FIREWALLが有効になっているから、ルールを 書かないとrtadvdのメッセージも受け取れないわけで。

3/3

ラックのキャビネットトラックマウントなケースを探してみるが、なかなか寸法が 厳しいのねぇ。特に奥行。

いろいろと安いブロードバンドルータが出てきているけど、IP以外のプロトコルに 関してはブリッジとして動くやつとか、パケットタイプでアクセス制御できるやつ (つまり、IPv6 tunnel用のパケットを特定のホストに振り向けられる)とかって、 まだまだ高いのかな?

シリアルコンソールの実験用にRS-232Cのクロスケーブルを購入。

3/4

この時の試験結果がメールで到着。合格との こと。あんまり勉強できなかったんだけど、まぁ、よかった、よかった。

3/9

なかなかたいへんな週だった。けど、なんとか土曜日出勤する前に秋葉原でCFを 購入。

3/10

CFでちょっとごにょごにょと。でも結果はあまり芳しくなく。

午後は寝て過ごす。というか、気が付いたら夕食の時間だった。せっかくの 休日がぁ。

レンタルサーバのOSバージョンアップってみんなどうやっているのかな? シングルユーザモードでの作業なんて、シリアルコンソールを繋げていない限り、 リモートからできないじゃん。謎

3/12

休息が必要だ。

3/15

本屋がまだあいている時間に帰宅できたので、購入。

3/16

ようやく休日。年度末はいろいろとたいへん。

午後から秋葉原。QoSに関する資料探し。でも、探しながら、なんとなく マシンパワー不足が原因のような気がしてくる。そうだとすると、今抱えている案件は 前進することになるんだけどなぁ。

DHISのIPv6トンネルサービスが突然 終わってしまった。けど、6to4リレールータが 大手町で立ち上がったらしい。固定IPv4アドレスの方がいいらしいので、 レンタルサーバで早速設定開始。

3/17

6to4リレールータを使うと、国内の v6サイトへのアクセスがかなり速くなった。おうちサーバもリレールータを使うように したいけど、v4アドレスが動的に変化するということはv6のprefixも動的に変化する わけで、ちょいと面倒。
というわけで、レンタルサーバとの間でトンネリングを行うことにする。 多少効率は落ちるけど、prefixを変える手間を考えたら妥当かと。トンネリングには DTCPを使ってみる。 参考書はBSD magazine No.05。書いてある通りにやればOK。だが、server側にあたる レンタルサーバではqmailを 動かしているので、pop.authをどうするか一瞬迷う。素直にqpopperを入れてしまう ことにしたのだが、packageからだとpopauthが入っていないみたい。ソースから コンパイルする。configureの引数でpop.authをdtcpsが期待している位置になるように 調整する。このとき、gdbmを見つけて使おうとし、コンパイルエラーになって しまった。config.hを書き換えて使わないようにし、インストールしてpop.authを 作成。
おうちサーバとの間でトンネルが掘れたことを確認。おうちにある他のマシンとの 通信は、ルーティングを何とかしないといけないので、とりあえず保留。

で、せっかくサーバをIPv6化したので、 DNSやftpもv6を話すよう設定する。メールは、 v6化パッチ を当てて再インストールしてみるも、v6を話していないみたい。なぜだ?

3/19

ちょっと早く帰ったので、途中で本を買う。

3/21

6to4リレールータを用いて IPv6ネットワークを作る話。どうして ping6 が sendto: Permission denied になるのかなぁと思ったら、 /etc/rc.firewall6 でフィルタリングしていたのであった。書き直して、あちこち ping6で届くことを確認。でも、traceroute6 が sendto: Permission denied と なるのはなぜ?フィルタリングは直したつもりなんだけど。

VMWareに入れていたWindows XPを アクティベーションして、IE 6であちこちアクセス。ふむふむ。 v6になっていますね。あとは、レンタルしているサーバのhttp daemonと qmailのIPv6化ですな。

というわけで、はじめから入っていた Apacheさようなら。 IPv6に対応しているという thttpdにする。この ページもここからだと IPv6対応に。

3/22

昨日http serverを入れ替えたので、www.home.group.jp上にあるこのページも http://www.home.group.jp/%7Ehiroaki/diary → http://www.home.group.jp/hiroaki/diary に変更されています。

3/23

qmail内部構造を 眺めていて、smtpを受け付けるプロセスが動いていないことに気が付く。 /etc/inetd.confを覗くと、smtpのエントリがしっかり書いてあった。
というわけで、smtpのエントリをコピーして、tcp6で待つようにする。

ここ を参考にfilterを書く。

3/24

なんとかIPv4のfilter完成。ftpのPassive Modeをどうするかでちょっと手間取る。 Control Sessionが張られた時にData Session用のポートを開けるようにしたかったが、 IPFWではどう記述すればいいのかわからなくてパス。

ルールの動作確認で、何度もリモートからrebootさせたり。結構どきどきモノ。 起動時にDTCPがうまく うごかないことが判明。なぜ?

Web Pageをごにょごにょと直したり。

XEmacs 21.4.6を screenで使うと、 Frameを切り替えたとき、画面がうまく描画されない。画面サイズを変更すると ちゃんと描かれるけど、なかなか不便。

気がついたら、Visorの電池が切れていた。ここ最近使っていなかったから、 電池の減り具合いもわからなかった。PCにとってあるバックアップは3/10。支払いメモ しか使っていないとはいえ、ちょっと欝。

3/29

暑かったり寒かったりした、よくわからない週。

3/30

起きたら昼。こんなに天気がいいのに。ちょっとショック。

いつの間にやらプロ野球が始まる季節に。老害やらどこぞの球団のエゴまるだしやら で、はっきりいってつまらない。

レンタルサーバにMRTGを導入。参考文献は Software Design2002年4月号 。

3/31

レンタルサーバ入れたMRTGでトラフィックを みてみる。コンスタントに1Kbit/sくらいで何か流れ込んでくるみたい。

散髪に行ってさっぱり。

FreeWnn mlで BeOS 関連のネタが振られていたので、久しぶりにチェックしてみる。いつの間にかsyslogを 使うようになっていたけど、Beでは別途ライブラリを指定する必要があったので修正。 コンパイルエラーが出ていないからOKとするか。
とりあえずcommit。





1998年 6月7月8月9月10月11月12月
1999年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2000年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2001年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2002年 1月2月
最新
Top Page

Hiroaki Abe
Last modified: Sun Mar 31 20:44:25 2002