1999年8月

8/1

飲み会の話はそちらの ページ でまとめるとして。
まだ入れただけの BeOS R4.5を、早速4.5.1にUpgrade。

8/2

仕事も定時に終わりにして秋葉原へ。
駅前でサマージャンボ宝くじを買ってから、 ツクモ電気Graphics Blaster RIVA TNT のバルクをget。
早速 BeOS なマシンにつけてみる。うんうん、いい感じ。
ところが、蓋をしてTVアプリケーションを動かすと、突然固まる。マウスもキーボードも 受け付けない。んー。割り込み周りだなぁ、きっと。 Windows95だと、解像度あげて再起動しているときに保護エラーが出るし。
ミレと交換するか。このマシンにはVoodoo2も挿してあるし。
として交換したんだが、やはりTV見ているときに突然固まる。NICを交換したときも なんだか苦労した記憶があるから、NICが実は悪いのか?再インストールしたら おさまったりして。
更に、TNTは今使っているAccelerated-X 4.1ではサポートされていないよう。 最新のXFree86であればサポートされているんだろうけれど、性能はどうなんだろう?
取り敢えず、メインで使っていたマシンの環境を壊してしまったので、早急に 復旧させなければ。

8/3

BeOS を再インストールするが、状況は変わらず。んー。
ハングしてリセットかけたとき、何気なくBIOS設定画面に入る。CPU TO PCI Write Post という項目があったのでenableにして再起動。今度はハングしないようだ。 これでしばらく様子見。

8/5

なんかいい感じ。というわけで、 BeなマシンはMillennium+Voodoo2で。
せっかく買ってきたRIVA TNTは、XFree86の 新しいのがもうじきでるということなので、それ待ち。

8/7

FreeWnnを適当にいじってみたら、 Be で動くのができたっぽい。今、この文章は、Linux 上のxemacsで、WnnのサーバとしてBeな マシンを指定して書いているっす。
韓国語や中国語はさっぱりなので、cWnnやkWnnが動くかどうかはわからない、というか、 コンパイルすらしていなかったりする。多分、動くと思うけど。
まだ、/boot/home/usr->/usr とリンクを張って動かしている段階だけど、 /boot/home/config/wnn みたいな形に整理しないと。
あと、クライアント(フロントエンド)を作らないといけないねぇ。
多分、なかなか進まないんで、使ってみたいって人はメールでも出して つっついてみて下さい。

取り敢えず、パッチ。PPC版だと もうすこしconfigureを修正しないといけないでしょう、多分。

8/8

FreeWnn on Be

どうやら、他のマシンからWnn(jserver)に接続できるが、自分のマシンから自分のWnnには 接続できない。
bind()でINADDR_ANYがインプリメントされていないからか?
自分のところで動かしているWnnに自分が接続できればいいだろうということで、 bind()のところはINADDR_LOOPBACKにしてしまう。
GNU Emacs for BeOS とEmacs 20.3でWnnを使うための パッチ を参考に、Wnnが使えるEmacsを作る。
loopbackアドレスだから、set-wnn-host-nameにlocalhostを指定してあげるが、 やはり接続できない。結局、localhost→127.0.0.1 が動いていなかったようで、 set-wnn-host-nameに127.0.0.1を指定したところ、うまくいった。
Emacsは、Wnnとの接続を切断すると、Abortしてしまう。まぁ、patchが あたらなかった部分を適当に手で当てたレベルだから。これから調べてみましょう。

ここまでの、Freewnnへのパッチ
FreeWnn 1.10(多分、serverのみで十分) を展開し、./Xsiで上記パッチを当てる。 mkdir $HOME/usr;ln -s $HOME/usr /usr としてから ./configure;make;make install
日本語のサーバは /usr/local/bin/Wnn4/jserver なので、terminalから起動ですね。 UserBootscriptに書いても問題ないでしょう、多分。

8/10

盗聴法(あ、通信傍受法って言わないといけないんだっけ?)が可決されたので、 ページのデザインを変更しました。

8/11

FreeWnn on Be

FreeWnn 1.1の最新のパッチを当てたものをベースに、ちょっと修正してみる。
autoconfの2.13だと、BeOSも考慮してくれているみたい。*.[ch]とconfigure.inを ちょっといじって、autoconf -m ~/config/share/autoconf として configureを 作成。bind()はINADDR_ANYのままでも、set-wnn-host-nameをIPアドレスで書いて あげれば問題ないみたい。
BeBOX,BeMacではどうなるかわからないけど。

8/12

FreeWnn on Be

wnnkillでJSERVER Terminatedとメッセージがでているのに、プロセスが死んでいない という問題を、取り敢えず解決。
socketに対してfcntl()しているところをsetsockopt()にしてみる。これでいいのかぁ? 他にも、socketをclose()しているところがいくつかあったので、closesocket()に してみる。
修正点をまとめて、パッチ としてFreeWnn MLに送る。ちょっと送るタイミングが遅くなってしまったかな?

8/13

GatewayをやらせているマシンのOSをFreeBSD 3.2 にVersion Upしようとしてハマる。
/の空きが少ないので、通常のUpgrade Installをやろうとすると、Disk fullとエラーが でてしまう。結局、通常のinstallを/のみnewfsするようにして行う。
もう1つ。PCIのNICとISAのNICのIRQが重なっていて、ネットワークが死んでいた。
PCI/VL/ISAのある486マシンなので、boot時にいろいろとやるとそのままお亡くなりに なることもあるけど、どうせkernelはリコンパイルするので気にしない。 滅多に落とすこともないし。

8/14

64kで十分だから月2万円くらいの専用線接続サービスってないかなぁ。
とっても久しぶりだった中学・高校の時の同期会については、何かの機会にでも (幹事さん、お疲れ様でした&&またお願いします)。

8/16

小さくて、でも BeOSの動く/動きそうな NotePCが欲しいなぁ。 てなあたりでしょうか。

8/20

FreeWnn on Be

BeOS用のパッチは パッチ第4弾に含まれました。
これから中身の確認です。PPC版については、クロスコンパイル環境を用意できたら 作ってみますけど、確認が…。
Emacsのパッチを作るのが先かしら?

8/21

FreeWnn on Be

コンパイルしようとしたら、Makefileからincludeされるmakerule中の

for i in $(SUBDIRS) ;\
do\

で、$(SUBDIRS)が何もないときにエラーになった。FreeBSDでは問題なかったので、 Shellの設定の問題か?
取り敢えず、パッチ

8/24

wnnを使えるようにしたEmacsだと、smtpでだんまりになるなぁ。これじゃぁ Wanderlustが使えないなぁ。 しばらく、原因追求。

8/28

最近、仕事が忙しくってこのページの更新も滞りがち。書くネタがないとも言うが…。 FreeWnnのほうをやる時間もないし。 猫の日記でも載せましょうか(笑)

8/29

Emacsがsmtpでだんまりになる問題は、取り敢えず.wlに
(add-hook 'wl-mail-send-pre-hook
          (lambda()(close-wnn)))
(add-hook 'wl-news-send-pre-hook
          (lambda()(close-wnn)))
と書いて逃げることにする。今更20.3で原因を調べても…って気がするし。 後はftpがpassive modeで動けばいいんだけど、 BeOS付属のってどうやれば いいんだぁ?まぁ、このページをEmacs上から更新できればいいんで、他のftp client を持ってくるってのもありだけど。



98年 6月7月8月9月10月11月12月
99年 1月2月3月4月5月6月7月
最新
Top Pageへ| 別のページ
Hiroaki Abe
Last modified: Wed Sep 1 21:34:07 1999