99年6月

6/2

またBeOSでなんか作ってみようかなぁと。

6/5

金曜日の会社で。
H社のWebPageからネットワークカードのドライバを落としてきた。 自己解凍形式だったので、実行した。ら、Top Directoryにファイルを解凍しやがった。
絶対ディレクトリで格納してやがんの。 バカタレ。

6/12

家庭内LAN 100M化。BeOS なマシンには3ComのFast EtherLink XLを使う。

6/13

100M Hub 100M化したらこんな感じ。右の10MはThinkPad。

6/20

BeOS R4.5がもう出たみたいだけど、 日本ではどうやって手に入れられるのだろうか?

6/24

会社のメールアドレス変わりました。h-abe@pd.hitachi-system.co.jp です。
自分がいろいろと口出ししながらサーバを立ち上げさせたので、サクサクって わけにはいかなかったけど、まぁ、それなりのものにはなったでしょう。
あとは、ログを見る習慣や運用方法を教えて、postmaster出来上がり。

6/26

なーんか、Thinkpad 530csにつけた4Gのディスクがうまく使えないんですよねぇ。
拡張パーティションをMS-DOSで作るとLinuxから、Linuxから作るとMS-DOSから認識できない。
動きも少し遅くなったような気がするし…。もどして800Mのディスクにすると、 WindowsとLinuxで使うにはちょっと狭いし。ハードウェアの設定ツールってWindows版しか ないようだから、Linux専用にしてしまうわけにはいかないし…。
コストパフォーマンスが悪くなるけど、2Gのディスクにしておけばよかったのかな。

なーんて言っていても始まらないので、パーティションマジックを買ってきて、様子を 見ようとしました。ら、パーティションがおかしいとのメッセージ。一度削除してから 作るようにとのこと。んー。Linuxはディスクイメージをネットワーク経由で書き込んでしまえば いいんだけど、Windowsがねぇ。
取り敢えず、Linuxをインストールしてから、 DOSパーティションの漢字も扱えるパッチをあてたカーネルを作って、なんとか してみようと。

6/27

結局、昼の時間をほとんど費やしてしまった。
まず、pcmciaが使えて、ftpやnfsが使えるようなboot diskがなかった。 いろいろと探しまわるのも面倒だったので、さっくりと Vine Linuxをいれてしまった。 Note PCにインストールするにはこれが一番楽かな。
別にパーティション切って、バックアップしておいたシステムイメージを展開して Linux側の作業はおしまい。Bootの調整はWindowsをいれてから。
Vine Linuxのカーネルはvfatの日本語パッチがあたっているので、日本語のファイル名も 問題ないだろう、と、LinuxからDOSパーティションをmountして、sambaで公開。 古いディスクをさしたマシンから、Windows上で一気にコピー。
これでおしまい、と思ったら、半角の仮名を使ったファイル名が化け化け。 Windowsは起動するので、化けたファイルだけコピーしなおして、終了。
あとは少しずつ整理して、BSD系のOSでも入れてみましょうか。



98年 6月7月8月9月10月11月12月
99年 1月2月3月4月5月
最新
Top Pageへ| 別のページ
Hiroaki Abe
Last modified: Sun Jun 27 21:06:31 1999