2002年9月

9/1

Socket8用のヒートシンクにあうfanだと固定するネジの頭の分だけ高さをオーバー してしまうので、もうちょっと小さいfanで代用する。ないよりはマシだろう ということで。で、cvsupしている途中で寝てしまう。
目が覚めて見てみると、動いていますよ。というわけで、make buildkernelしてまた 寝る。
次に起きても動いているので、installkernelしてrebootして、make buildworld。
問題なさそうなので、make installworldしてから設置。ちょっとうるさいね。

ちなみに、システムワークスR102という1uな ケースに、EpoxのPP6-NFというPpro用の MBを載せてのテスト。

9/2

ラックキャビネットをまだ買っていないのにラックマウントキットを購入して みたり。
これがうわさのHHKなのね(Liteとかついていない、無印)。小さいけどさすがに 打ちやすい。今まで使ってきたキーボードの中では、比較的キータッチが重い方かな。

9/3

シリアルコンソールこの時やり方を調べました。

9/4

昨日の続きでシリアルコンソール。実機を見ながら!?
/etc/inittabの内容。

	:
# Run gettys in standard runlevels
1:2345:respawn:/sbin/mingetty tty1
2:2345:respawn:/sbin/mingetty tty2
3:2345:respawn:/sbin/mingetty tty3
4:2345:respawn:/sbin/mingetty tty4
5:2345:respawn:/sbin/mingetty tty5
6:2345:respawn:/sbin/mingetty tty6
S0:2345:respawn:/sbin/agetty -L 115200,9600 ttyS0 vt100
	:

行頭のSは大文字。でも、これ間違えてもboot時のメッセージは流れてくるはず。 それも出てこないときは、起動時のオプションが怪しいのかも。

/etc/lilo.conf

prompt
timeout=50
default=linux
boot=/dev/hda
map=/boot/map
install=/boot/boot.b
message=/boot/message
linear
serial=0,9600

image=/boot/vmlinuz-2.4.9-31
        label=linux
        read-only
        root=/dev/hda1
        append="console=ttyS0,9600"

image=/boot/vmlinuz-2.4.9-31
        label=linux-display
        read-only
        root=/dev/hda1

appendで""に囲まれている部分は、boot loaderに依らずみんな同じじゃなかったかな? あと、/etc/securettyの一番最後にttyS0とエントリを足しているなぁ。
cat /proc/cmdline してみたら、 auto BOOT_IMAGE=linux ro root=301 BOOT_FILE=/boot/vmlinuz-2.4.9-31 console=ttyS0,9600 だと。最後のconsole=〜というのがポイントのような気が。

9/5

あるときwwwのエラーログが爆発したのだが、犯人がapnc20ってしか わからなかったのどうしようかと思っていた。 ここ 見て判明。なるほど。

9/6

夏休み。といっても、土日と繋げて三連休。来週デモが終わったら、残りの二日分を 取る予定。

で、サーバの移行作業。ディスクをそのまま移行させるので、楽ちん楽ちん…と 思っていたら、起動の途中でとまるという罠。GENERIC kernelがあったので、それで 取りあえず起動し作り直してみる。で、半日終わり。
けど、起動できない罠。なぜ?

booting hd0a:/bsd: 1425408+45056+232480+[61356+73477]=0x2c0ad9 start=0xe0100020
entry point at 0x100020
 pciinfo 0xe032f120
[ using 134837 bytes of bsd a.out symbol table ]
Copyright (c) 1982, 1986, 1989, 1991, 1993
        The Regents of the University of California.  All rights reserved.
Copyright (c) 1995-2002 OpenBSD. All rights reserved.  http://www.OpenBSD.org

OpenBSD 3.1-stable (wall) #5: Fri Sep  6 12:16:12 JST 2002
    user@wall:/usr/src/sys/arch/i386/compile/wall
cpu0: Intel Pentium Pro ("GenuineIntel" 686-class, 256KB L2 cache) 199 MHz
cpu0: FPU,V86,DE,PSE,TSC,MSR,PAE,MCE,CX8,SYS,MTRR,PGE,MCA,CMOV
real mem  = 100249600 (97900K)
avail mem = 90783744 (88656K)
using 1249 buffers containing 5115904 bytes (4996K) of memory
mainbus0 (root)
bios0 at mainbus0: AT/286+(92) BIOS, date 12/31/96, BIOS32 rev. 0 @ 0xfb320
apm0 at bios0: Power Management spec V1.2
apm0: AC on, battery charge unknown
pcibios0 at bios0: rev. 2.1 @ 0xf0000/0xb7e4
pcibios0: PCI BIOS has 6 Interrupt Routing table entries
pcibios0: PCI Interrupt Router at 000:07:0 (vendor 0x8086 product 0x7000 rev 0x0
0)
pcibios0: PCI bus #0 is the last bus
bios0: ROM list: 0xc8000/0x2000!
pci0 at mainbus0 bus 0: configuration mode 1 (bios)
pchb0 at pci0 dev 0 function 0 vendor 0x8086 product 0x1237 rev 0x02
pcib0 at pci0 dev 7 function 0 vendor 0x8086 product 0x7000 rev 0x01
pciide0 at pci0 dev 7 function 1 vendor 0x8086 product 0x7010 rev 0x00: DMA, cha
nnel 0 wired to compatibility, channel 1 wired to compatibility
wd0 at pciide0 channel 0 drive 0: <QUANTUM FIREBALLlct08 08>
wd0: 16-sector PIO, LBA, 8063MB, 16383 cyl, 16 head, 63 sec, 16514064 sectors
wd0(pciide0:0:0): using PIO mode 4, DMA mode 2
pciide0: channel 1 ignored (disabled)
uhci0 at pci0 dev 7 function 2 vendor 0x8086 product 0x7020 rev 0x01: irq 15
usb0 at uhci0: USB revision 1.0
uhub0 at usb0
uhub0: vendor 0x0000 UHCI root hub, class 9/0, rev 1.00/1.00, addr 1
uhub0: 2 ports with 2 removable, self powered
de0 at pci0 dev 9 function 0 vendor 0x1011 product 0x0009 rev 0x22: irq 11
de0: 21140A [10-100Mb/s] pass 2.2 address 00:60:67:31:1a:77
isa0 at pcib0
isadma0 at isa0
pcppi0 at isa0 port 0x61
sysbeep0 at pcppi0
npx0 at isa0 port 0xf0/16: using exception 16
pccom0 at isa0 port 0x3f8/8 irq 4: ns16550a, 16 byte fifo
pccom0: console
pccom1 at isa0 port 0x2f8/8 irq 3: ns16550a, 16 byte fifo
fdc0 at isa0 port 0x3f0/6 irq 6 drq 2
fd0 at fdc0 drive 0: 1.44MB 80 cyl, 2 head, 18 sec
biomask c040 netmask c840 ttymask c840

ここででだんまり。
3.0のGENERIC kernelだと起動して、3.1(といっても時々cvsであげているけど)の GENERI kernelだとだめな様子。

で、せっかく平日を休んだので、通帳記入をしに銀行をまわる。平日しかやらない ところが多いとは、全く人をナメた商売をしていること。 三井住友銀行 幡ヶ谷支店 で、記入しようとATMの列に並んでようやく順番がきたら、画面に「通帳の扱いは できません」だと。ATMコーナにいる行員はトラブル対応しているみたいで、結局 コーナをでて警備員に聞く。出来るはずというのでもう一度列に並ぶ。今度は違う 機械でちゃんとメニューがでたけど、なんかいやな感じ。この支店は使えないな。 雨の中行ったからなおさら印象悪い。

サーバは、結局Graphicカードを挿してBIOS setupをやり直したらうまくいった 様子。一応kernel configもVGAとかKeyboardとか有効にしたやつを 作り直したんだけど。

9/7

少しは体を動かさないと…。というわけで、ゴルフの打ちっぱなしへ。久しぶりに 発生していました、危険人物が。素振りの練習(らしい)で野球のバットと全く同じに アイアンを横に振る。クラブを振り上げるとき、体の真後ろ(=ボールが飛び出ていく 方向と垂直)に引いてから持ち上げる。ゴルフ練習場なんてこんな打ち方する人は 考えていないから、隣の人との間隔は少し狭い(少なくとも、クラブを真横に振っても 大丈夫なほどの間隔はない)し、打席1つずつがケージに囲まれているわけではないし、 ヘルメットは着用しない。これは、上手い下手以前の問題。 以前文句を言ってしばらく行かなかったら、いつの間にか打席が1つ減ってすこーし 広くなっていたんだけど、これじゃぁ全く意味ない。隣との仕切りを天井までの 網にすれば、クラブの先が引っ掛かって振れなくなるから、少しは効果あるかな?

お昼はうつらうつら寝て過ごす。

久しぶりにXEmacsを見てみたけど、 これはちゃんとコードを読まないとダメげ。でも、かなりのボリュームでめげそう。

NetBSDを入れたNotePCの時間がntpdを 動かしていてもずれてくるので、cron+ntpdateにする。

#!/bin/sh
export PATH=/bin:/usr/bin:/sbin:/usr/sbin:/usr/libexec

if [ "x`ifconfig -a | grep UP | grep -v lo`" != "x" ]; then
        ntpdate -s ntp1.jst.mfeed.ad.jp ntp2.jst.mfeed.ad.jp ntp3.jst.mfeed.ad.jp
fi

9/8

analogでログ解析するときにフォーマット エラーが出続けていたので、いろいろといじってみたけど改善されず。 UNIX USER 2001.8 を眺めて ふとhttpd.confのログファイル指定を見てみたら、同じファイルにcommonとcombinedで 出力していた(爆)。combinedのみにして様子見。

BeOS ユーザの間でも話題になっているMozilla 1.1。 ここには某骨用のはないようなので、 かわりにStripZillaを入れる。

9/9

お仕事。むちゃくちゃ忙しい。朝デモ用プログラムを受け取って、午後からデモ。 忙しいんだから電話すな〜。ボケ〜。

9/11

今日明日と夏休み。で、今日は早起きしてお出掛け。埼京線の鉄橋にボールを 打ち込んだり←OBです。

9/12

昨夜。FreeWnnの辞書が壊れるという話が 出ているので、再現するか試してみようとマシンを立ち上げて、そのまま寝。

で一度朝起きるものの、二度寝したら昼過ぎ。隣からサーバの音がうるさいと 言われているので、防音材を探しているうちに寝。気付いたら夕方。今週ははやい。 土曜日はサークルメンバーのお祝いだし。幹事やるなんて言っていたら、何にも 準備出来ていなかったでしょう、きっと。

9/13

出社したら、開発マシンがHWトラブルという罠。今日デモがあるのに。

デモお願いしますとか言って投げっぱなしなのはどうかと。

9/14

HDDがおかしくなったNotePCを、交換用のディスクと共に借りて帰ってくる。 週明けのデモで使うので、交換作業をしないといけないのだが、会社だとツール類が 足りないので。というか、自分が抱える仕事ではないなぁ。
取りあえず、交換用のディスクをPCMCIAカードの先につけて RedHatのディスクやら NetBSDやらで起動してみるものの、 見えない。Intel 830なチップなので、どこかで喧嘩している?内蔵のcombo ドライブは はずせるので、代わりのHDマウンタをリクエストしておけばよかったと後悔。

デュアルブートになっているから、交互に起動して相手のパーティションを コピーすればいいじゃん。というわけで、トライするが、ディスクが見えない。 どうしてかなぁ?と思ったら、P4なデスクトップマシンから取っていた電源が 不足していて、HDDが満足に動いていなかったという罠。今晩にでも続きはやろう。

というわけで、サークルメンバーのお祝いで集まるため、お昼ごろから外出。 出かけるとき、ネットが遅いと妹に言われるが、まぁ、時にはそう感じることも あるでしょう。

帰ってきてHDD交換作業。いろいろ試して、結局 ThinkPadから電源を取るのが一番安定している 様子。その状態で雑誌についていたRedHat7.3 のCD-ROMからrescueモードで起動、ddで何も考えずにコピーする。

その間にぐるぐる、と思ったら、妙に遅い。ローカルルータの外側の口までは 普通にアクセスできるのでHubを見てみると、なんだかコリジョンのランプが 点滅している。適当にケーブル差し換えてみると、あれ、ケーブル挿さっていない ポートなのにコリジョンランプが点滅している。この時 買ったHubがついにへばったか。予備のHubなんてないので、明日にでも 買ってこないと…。

9/15

朝起きると、Hubが正常に動いている。んー。大丈夫なんだろうか。
パケットが流れていないときは、(ケーブルを繋いでいないとあるポートのランプが) 点滅しなくなった。でも、流れているときは、時々ピカ、ピカって光っている。やっぱ 交換かな。これ って何年保証だったっけ?

ディスクのコピーはまだ終わらず。で、そのうち二度寝。再び起きたときには 終わっていたので、交換してWindows上からチェック。無事動いているようなので、 作業終了。

で、午後から外出。ついでに使わなくなった MN128-SOHOを中古で流してしまおうかと 準備するが、出かける直前に SL11の買い取り価格を みたらあんまりにも低いんで、そのままキープすることにする。
で、新宿でアライドテレシスの Hubを買おうとしたけど、ほとんど置いていない&ちょっと高めなので、 コレガのFSW-5FAという、電源内蔵の 金属シャーシな奴にする。
で、東急ハンズに よって、間仕切り収納の棚に使えそうな板を探すが、幅53cmなんて半端な奴は 見つからず。素直にラックキャビネットを買うべきか。
で、隣の紀伊國屋FreeBSD Press No 12 を購入。

帰ってきてHub交換、と思ったら、電源コンセントが机の後ろの荷物の陰で、 抜き差しするのが非常に面倒。ということで、間仕切り収納に入れてある1Uマシンの 上に積み上げることにする。ついでに AR 320 にラックマウントキットを取りつけてみる。うーむ。底面の出っ張りが引っ掛かって、 真っ直ぐ取りつけられません。取りあえず、保留。

9/16

衛星放送がまともに映らないんで、ケーブルテレビを入れるという話がでる。 地域的にiTSCOMだなぁ。取りあえず、 2chで情報収集 しておこう。

BOMBERMAN ONLINEが 繋がらない。ソフトウェアのインストールまでは出来るのだが、起動時にftp?で サーバにつなぎにいくものの、ダウンロードできずにエラー。謎。

飼い猫タッキーちゃんの母親、チャチャ死亡。 交通事故。もともと子猫をかばって左足が折れていた(スパナだかレンチだかで ブッ叩いて折った糞人間がいる)ので動きがちょっと鈍かったのだが。即死らしい。 母娘そっくりの、とても可愛い猫だったのに。ロン毛でおっとりとした猫がそろって この世からいなくなってしまった。

9/20

風邪が悪化してずっと休み。体ボロボロ。

メモ

9/21

まだ咳が出たり、喉が痛かったりするけど、熱は下がった様子。

FTPがpassiveモードでしか動かないなぁと思っていろいろ考えてみたら、ローカル側 においたルータのフィルタでカットしていた。単純にport 20からのセッションを throughするのではダメ。NATで変換しているから20番ではないのだ。どうするのが いいかな?

9/24

結局今日もお休み。熱は下がったし、なんとなくだるいのもなおったんだけど、 お腹の調子が悪いのと、物を入れると胃がちょっと痛くなるという。ここんとこ、 あんまり口にいれていなかったからなぁ。

水分補給しないとヤバイ!といって、ポカリスエットばかりがぶ飲みしていたから なぁ。糖分が十分なんで食欲がでないのかな。夕食時にふと気が付いて、飲み物を 麦茶にする。つか、逆にポカリスエットダイエットができるじゃん←違います

9/25

出勤。状況はよくわからないけど、取り敢えず目の前で聞かれることには 応対しつつ、メールをチェック。社内でどう対応したのかはさっぱりわからんが、 気にしないことにする。ちょっと寒気がしたような気がしたので、午前中で終わり。 まだ完治したわけではないので、無理はしない。

OpenBSDに含まれている ApacheIPv6対応にしてみようとパッチあてるが、 当然一部reject。頑張って手パッチしようとするが、挫折。考えというか集中できる 時間が短い。

9/26

一応、朝から出勤。今日は定時まで頑張ってみよう。

休んでいた間の状況をPM相当の人から聞く。んー。何か、連絡したのとは違う マシンで作業しようとして、徹夜になったらしい。勝手に違うマシンを使われても 困るんだけど。結局上手くいかなくて代わりのマシンを手配したらしい。

9/27

秋の交通安全週間らしい。駅前の信号機のない交差点にも4人ほど老人がでて いるのだが、なんで横断歩道のある交差点なのに、歩行者を待たせて車を行かせる かね。何台もの車が横切っていくのを待っていられるほど暇ではないので、老人の 旗を無視して、横断歩道をとっとと渡る。いない方がよっぽど安全。

9/28

RC5-64終了(リリース)。

で、今日もグルグル。 ここ で、C言語で2進数をそのまま扱う方法は?という話。そういう表現方法あったはずと 思ってGNUツールボックス(ISBN4-89052-292-1)を見てみると、XC(X68000用のコンパイラ) で許されていた2進数表現をGCCに織り込んだと書いてある。GCCの拡張ではなくてXCでの 拡張だったのね。

先日出かけたときの写真を整理してWebに載せる。

9/29

一日間違えていたので修正(笑)

昨夜からXEmacsとの格闘再開。どこかに 内部構造のわかりやすいドキュメントないかなぁ。

BeOS PE版で、USBなマウスのホイールって認識させられる?

室温30℃なのに暑く感じず。ただ、また体調崩した様子。咳が出る。まいったね。

9/30

はっ、もう9月も終わりかぁ。夏休みをとったし、風邪ひいて倒れたしで、実は あまり出勤していない。けど、いいか。8時間勤務で直すと、それなりになっているで しょう。

こんな生活に耐えられないと体が拒絶反応して倒れたわけだけど、また、 耐えられない生活に戻りそう。気軽に「デモ用のマシンを1台セットアップ」とか いうな。二人で徹夜したんなら、どのくらいたいへんなことか少しは学習しろ!と 思ったり。

本社勤務になって半年になるけど、営業サイドに振り回されっぱなし。本来 進むはずの仕事も進まない。このままだと、いつまで経っても完成しないな。 個人的には、状況をわかろうともせずに「いつまでたっても完成しないねぇ」なんて イヤミをいう奴に対してちょっと気分を害する(=その時点で実質的な進捗は止まる) だけだけど、会社的にはよくないはず。ま、毎日報告書で状況は見えているはず なので、自分がどーこーいう問題ではないな。

で、喉が痛いのでとっとと終了。家でゆっくり過ごすって、情報処理の 勉強しないと…。





1998年 6月7月8月9月10月11月12月
1999年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2000年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2001年 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2002年 1月2月3月4月5月6月7月8月
最新
Top Page

Hiroaki Abe
Last modified: Wed Oct 2 09:46:38 2002